シベリアモミ(Abies sibirica)

Abies-sibiricaシベリアモミ.jpg

​【一般名】

​シベリアモミ

​【植物名】

Abies sibirica

​【科目】

マツ科

​【抽出方法】

水蒸気蒸留法

​【生育段階及び

 抽出部位】

成熟・葉(針葉)

​【原料植物産地】

東ヨーロッパなど

​【生化学的特異性】※%値は製造元提供の参考基準値

酢酸ボルニル、酢酸ネリル、酢酸ゲラニル(エステル類)25-30%
アルファピネン、カンフェン、3カレン(モノテルペン類)50-65%

​【特徴など】

マツ科モミ属の針葉樹は英名(Fir)ファーと呼ばれ、精油原料のモミ属の精油は多数あり、モミ属の針葉樹から採集されたものをAbies oil、モミの木の精油、と総称することあり、アメリカ産のバルサムファー、ヨーロッパ産のシルバーファーなどが香料として多く使われます。

シベリアモミAbies sibiricaはロシアに生息するマツ科の針葉樹です。葉を水蒸気蒸留して精油を抽出します。シベリアマツともいわれ、松のマイルドな香りは、エステル類の酢酸ボルニルによります。モノテルペン類も多いので、乾燥して呼吸に敏感な季節に最適です。

※このサイトの説明文の一部は、許可を得て翻訳し掲載しております。